心も体も元気になる、無理をしない等身大のオーガニックライフスタイル情報をお届けいたします。

カフェインフリーの穀物コーヒーに挑戦!オーガニックな2商品を飲み比べ。

こんにちは!LTLメンバー管理栄養士の櫻井麻衣子です。
私はもともとコーヒーが好きで、今まではほぼ毎日コーヒーマシンで淹れて飲んでいましたが、去年末からフレンチプレス(コーヒーを淹れる器具)が欲しくなり、迷い続けた末にやっと先日購入してしまいました♪
ただコーヒー好きなわりに、カフェインに敏感すぎるため飲みすぎると脈が上がり(カフェインは交感神経を刺激する働きがあるので、適量なら程よい元気が出るところでとどまるのですが。)その後の脱力感が激しく、また夕方以降に飲んでしまうと眠れなくなるなどがあって飲む量やタイミングには気をつけています。
そんなこともあり、今度はカフェインフリーのコーヒーに注目するようになりました。

管理栄養士も知らなかった!カフェインフリー(ノンカフェイン)コーヒーとデカフェの違い。またその種類とは?

カフェインフリー(ノンカフェイン)のコーヒーには今まで全く興味がなかったため、まずは情報収集をしてみることにしました。

すると、本当にいろんな種類のカフェインフリー(ノンカフェイン)コーヒーやデカフェがあり、管理栄養士としてはお恥ずかしい話しではありますが、そもそもノンカフェインコーヒとデカフェが一般的に別物として定義されているということを初めて知りました。

まず、カフェインフリー(ノンカフェイン)コーヒーはカフェインが入っていない食物からコヒーのような風味の飲料を作り出したものを呼んでいることが多く、ライ麦などを使って作る穀物コーヒーやたんぽぽの根から作るたんぽぽコーヒーがそれにあたります。

それに対してコーヒー豆からカフェインを取り除く方法で作られた場合には、デカフェと呼ばれていることが多く、そのため微量のカフェインは残ります。(カフェインがゼロではないということです。)
レストランなどで出されるのはこのデカフェが多く、外苑前にあるネトルというレストランで頂いたデカフェは、オーダーを間違えてコーヒーを出されたのかと思うくらい美味しくて印象的でした。
店員さんにきいたところ、業務用ネスプレッソのシリーズで出されているデカフェだそう。

ちなみにカフェインレスという言葉もあり、もともとの語源でいうと「レス」とは「無い」という意味になるので、カフェインフリー(ノンカフェイン)と同じ扱いになると思いきや、それだけでなくコーヒー豆からカフェインを取り除いた商品(いわゆるデカフェ)をカフェインレスコーヒーと呼んでいるものもあり、カフェインレスコーヒーは多様に使われている印象です。

ただこれらは全て「現状そういった傾向にある」というだけで、日本ではコーヒーのカフェインについて国で定めた表示基準などはないので、数年後はこちらで紹介したものは変わっているかもしれません。

せっかく飲むならノンカフェインの穀物コーヒーに挑戦!まずはスイスのオーガニックブランド”ナチュラータ”のオーガニックスペルトコーヒー

そこで、まず私が試したのは穀物コーヒーです。

こちらはスイスのブランンド”ナチュラータ”のオーガニックスペルトコーヒー

原材料は「有機スペルト小麦と有機チコリ」と、オーガニックの原料を使用していて、インターネットで見るとグルテンフリーの記載もあります。

さっそく淹れてみましょう。

【熱湯200mlに対してコーヒーを2g】

飲んでみると香ばしくすっきりとした味わい。口全体に含ませると、ほのかな苦みと穀物の甘みを感じ、コーヒというより私は麦茶を連想してしまいました。

同じ割合でホットミルクと豆乳でも作ってみましたが、どちらでもよく溶けるので作りやすく、さらに優しい味になりました。

同じ穀物コーヒーで飲み比べ!ドイツのオーガニックハーブブランド”レーベンスバウム”の穀物コーヒーも試してみました。

原材料による味の違いも気になったので、ドイツのオーガニックハーブのブランド”レーベンスバウム”のオーガニック穀物コーヒーも試してみました。

原材料は、「有機ライ麦、有機麦芽、有機大麦、有機イチジク」こちらも全てオーガニックです。

では、淹れてみましょう。

【熱湯150mlに対してコーヒーを2g】

ナチュラータと同じく香ばしい香りがします。味は深めでコーヒーのような少しの苦味とほんのり感じる酸味があります。

見た目は2社ともコーヒーで、お湯に溶かすのも溶けやすいのでスプーンで混ぜなくても良く溶けていきます。

体と相談しながら使いたい、家族みんなが安心して飲めるカフェインフリーコーヒー。

同じ穀物コーヒーでもこれだけ味が違うので、たんぽぽコーヒーやデカフェも色々と試してみたくなりました。とても面白い世界です。

カフェインという栄養素はメリットデメリット色々あります。
お好みのカフェインフリーコーヒーを見つけて、その時々に応じてコーヒーと使い分けてみてはいかがでしょうか。

追加
Love Table Labo.

Love Table Labo.フードコーディネーター・管理栄養士

投稿者の過去記事

Love Table Labo.(ラブテーブルラボ)は、フードコーディネーターや
フードスタイリスト、管理栄養士をはじめとした 様々な食の資格を持った専門家です。
メンバーは日本全国で活躍しており それぞれのこだわりの食材やアイテムをご紹介していきます。

人気記事

Daily

ピックアップ記事

  1. イタリアンをお手軽に!初心者でも使いやすいハーブミックス
    LTLメンバーで管理栄養士・アウトドア料理研究家の芳須思帆です。今年のGWは大型…
  2. サラサラなのにまとまる。オーガニックシャンプーとコンディショナー“ビオトゥルム”。
    こんにちは!LTLメンバー管理栄養士の櫻井麻衣子です。キレイな人は毛先まで手を抜…
  3. 万能エスニック調味料として使える!グリルシーズニング
    LTLメンバーで管理栄養士・アウトドア料理研究家の芳須思帆です。街の至るところで桜が開花…
  4. カフェインフリーの穀物コーヒーに挑戦!オーガニックな2商品を飲み比べ。
    こんにちは!LTLメンバー管理栄養士の櫻井麻衣子です。私はもともとコーヒーが好き…
  5. ついに日本でも脱プラスチック!世界的エシカルコスメブランド「ethique(エティーク)」のシャンプーバー日本初上陸!
    オーガニックライフは、節約ライフ時短ライフオーガニックライフコーディネーターの佐野亜衣子です。…
  6. いろいろ選べる!シャンプー&コンディショナーはウルテクラム
    こんにちは。管理栄養士の柴田真希です。以前、ベビー用のスキンケアでご紹介したウル…
  7. マルティナのハンドクリームとネイルバルサムで、乾燥する季節のハンドケア。
    こんにちは!LTLメンバー管理栄養士の櫻井麻衣子です。アボカドを手に塗り込むとと…
  8. ベビーの安心お風呂タイム♪スキンケアはウルテクラム
    こんにちは。管理栄養士の柴田真希です。赤ちゃんのお肌はデリケート・・・。…
  9. 小さな子ども連れの旅行に持って行きたいランドリーグッズ(部分洗い用洗剤)
    LTLメンバーで管理栄養士・アウトドア料理研究家の芳須思帆です。ようやく日中の暑さが落ち…
  10. 秋のくすみ肌対策に!サンフードのマキベリーパウダー
    こんにちは、モデル・フードコーディネーターの川島令美です。9月も中旬となり、暑い日もあるかと…

アーカイブ

おすすめ商品

ページトップへページトップへ