心も体も元気になる、無理をしない等身大のオーガニックライフスタイル情報をお届けいたします。

オーガニックとは、地球とともに健やかに美しく長生きすること

こんにちは。
ジェロントロジスト・美容家の宮地祥子です。

日本は、蒸し暑い梅雨の季節に入りましたね。
梅雨が明ければ夏。今年の夏は、暑い夏となるのでしょうか?
そして、ゲリラ豪雨や熱帯夜なども近年よく耳にする言葉です。
異常気象とも言われていますが、地球の温暖化や生態系の変化とも関係が深く、懸念されます。

今回は、私が考えるオーガニックについて、自論をお話したいと思います。

私が考えるオーガニック

私が考えるオーガニックとは、地球とともに健やかに美しく長生きすることです。
そのため、健康長寿を追求するジェロントロジーと重なる部分が多く、同じ方向だと考えています。

近年、オーガニックという言葉は非常によく耳にします。
子どものときは、オーガニックという言葉、知らなかったですし、たとえ日本語の有機という言葉でも知りませんでした。
今では、スーパーでもオーガニックコーナーが設置されているほど身近な言葉になってきました。
オーガニックコスメという言葉も、近年耳にする言葉で、消費者からの関心も高いコスメです。

では、これらのオーガニックとは?
食べ物であればJAS認証という認証が日本にはあり、農林水産省による認証が得られると、有機JAS規格を満たす農産物としてJASマークを付与して、有機食品であることを表示できます。

これについては、農林水産省が定めるJASの規格が定められていて、規格に準拠した食品となっています。
海外にも、USDAやdemeterなど多数認証機関が存在します。

コスメであれば、有名なのはCOSMOSが認証機関として有名です。


これら認証機関は、独自の認証基準を設定しています。

みなさんは、どんなオーガニックの基準を自分の中にお持ちでしょうか。

・農薬を使わない

これが、オーガニックのイメージとして大半のようです。

みなさんは、国連持続可能な開発サミットというサミットをご存知の方も多いと思います。このサミットは、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において海外愛され、50を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されています。
その際に、17の目標と169のターゲットからなる持続可能な開発目標(SDGs)がかかげられました。
SGDsや、それに関するロゴマークなど見かける機会が増えてきています。
(*ロゴマークは、使用に規制があるため、詳細は国連のHPをご覧ください)

ここには、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発のための諸目標を達成すべく17の目標が詳細に記載されています。

私は、先の、オーガニック=農薬を使わない というのは一部のことで、今地球レベルで持続可能な開発が必要であり、それが掲げられていると考えています。

話が少し変わってジェロントロジーですが、これは高齢化する社会において、個人と社会の加齢をさまざまな角度から考え、実践していく、あらゆる分野に関わる学問です。
人間が生まれ、成長し、そして年を重ねていく…。その生涯のすべてにおいて健康で充実した人生をおくれるように。そうしたことの実現を目指す学問。(一部山野学苑HP抜粋)

人間が健康で長生きする。
そのためには、地球が健康で長生きすることが必要不可欠。
そして、人間も地球も健やかで美しく長生きしたい。

まさに、そのために必要なことが、国連の「持続可能な開発目標」には掲載され、今も実行されています。

我々一人一人にできること

では、人間も地球も健やかで美しく長生きするために、我々一人一人ができることってどんなことでしょうか?
国連の目標は、なんだかスケールが大きな国家レベルの事と考えてしまうかもしれませんが、身近なところで、できることもたくさんあります。

例えば、

・プラスチック袋の使用を減らす
今、エコバッグという言葉は当たり前となり、エコバッグが販売されていますね。
そして、プラスチック袋は、有料となっているスーパーも多くなっています。
生分解性の低いプラスチック袋は、土に還りにくいです。残念なことに、クジラの胃から40キロ、時には80キロのプラスチック袋が発見されたというニュースを目にすると、本当に悲しいです。プラスチック袋の使用を減らすとともに、海に捨てるのは止めましょう。
プラスチック袋

 

・プラスチックストローの使用を減らす
年間10億本以上のストローを使用しているスターバックス、マクドナルド、日本では和民など大手飲食店企業が、環境の保全を目的にプラスチック製ストローの提供を止めると発表しています。

夏場のアイスコーヒー、美味しいですよね。私は、常温以上の飲み物のみとしているので、近年のんでいませんが、美味しさは覚えてます。
この夏、マイタンブラーにアイスコーヒー、または紙ストローはいかがでしょうか。

・夏の冷房を弱めに
夏が近ずいてきましたね。寒いほどに効きすぎている冷房を少し温度をあげてみませんか。冷えすぎた体は、自律神経の乱れにもつながりますから、自身の健康のためにも、少しだけ冷房を弱めてみましょう。

都心の夏の夜に籠る熱気も、少しは和らげることができるかも。

地球は青い。オーガニックでできている

いかがでしたか?今回は、オーガニックについて、自論を少しご紹介しました。

人間も地球も、健やかに長生きできるよう、今日からできる

小さな一歩を踏み出してみませんか。

 

地球は青かった

 

1961年、初の宇宙旅行を終えて帰還したソ連の宇宙飛行士ガガリーンの言葉です。大気圏外から初めて地球を見た感動の言葉。

地球は、太陽の光と熱、水、大地の絶妙なバランスで、多くの有機物、オーガニックを産出し続けています。

地球とともに、健やかで美しく長生きしたいですね。

追加
宮地 祥子

宮地 祥子ジェロントロジスト・美容家

投稿者の過去記事

自然派コスメブランドMAARO(マアロ)を展開する化粧品会社社長。
30歳で重度のPMSに悩まされたことを機に、代替療法を試みながら、生活にオーガニックを取り入れていくことが日常となった。サプリメントアドバイザー、ベジフルビューティーセルフアドバイザーとしての知識を活用して、各種記事執筆、監修などを行う。
プライベートでは1児の母であり、自身の子供にオーガニックハーブ使用の日焼け止めを開発したことが自然派コスメブランドMAARO(マアロ)の始まりである。
オーガニック、ナチュラルを自身の生活に楽しく心地よく取り入れていくことをポリシーとしている。
南カリフォルニア大学ジェロントロジー学科修了・山野学苑ジェロントロジー学 指導員

・スキンケア大学監修

人気記事

ピックアップ記事

  1. イタリアンをお手軽に!初心者でも使いやすいハーブミックス
    LTLメンバーで管理栄養士・アウトドア料理研究家の芳須思帆です。今年のGWは大型…
  2. サラサラなのにまとまる。オーガニックシャンプーとコンディショナー“ビオトゥルム”。
    こんにちは!LTLメンバー管理栄養士の櫻井麻衣子です。キレイな人は毛先まで手を抜…
  3. 万能エスニック調味料として使える!グリルシーズニング
    LTLメンバーで管理栄養士・アウトドア料理研究家の芳須思帆です。街の至るところで桜が開花…
  4. カフェインフリーの穀物コーヒーに挑戦!オーガニックな2商品を飲み比べ。
    こんにちは!LTLメンバー管理栄養士の櫻井麻衣子です。私はもともとコーヒーが好き…
  5. ついに日本でも脱プラスチック!世界的エシカルコスメブランド「ethique(エティーク)」のシャンプーバー日本初上陸!
    オーガニックライフは、節約ライフ時短ライフオーガニックライフコーディネーターの佐野亜衣子です。…
  6. いろいろ選べる!シャンプー&コンディショナーはウルテクラム
    こんにちは。管理栄養士の柴田真希です。以前、ベビー用のスキンケアでご紹介したウル…
  7. マルティナのハンドクリームとネイルバルサムで、乾燥する季節のハンドケア。
    こんにちは!LTLメンバー管理栄養士の櫻井麻衣子です。アボカドを手に塗り込むとと…
  8. ベビーの安心お風呂タイム♪スキンケアはウルテクラム
    こんにちは。管理栄養士の柴田真希です。赤ちゃんのお肌はデリケート・・・。…
  9. 小さな子ども連れの旅行に持って行きたいランドリーグッズ(部分洗い用洗剤)
    LTLメンバーで管理栄養士・アウトドア料理研究家の芳須思帆です。ようやく日中の暑さが落ち…
  10. 秋のくすみ肌対策に!サンフードのマキベリーパウダー
    こんにちは、モデル・フードコーディネーターの川島令美です。9月も中旬となり、暑い日もあるかと…

アーカイブ

おすすめ商品

ページトップへページトップへ