心も体も元気になる、無理をしない等身大のオーガニックライフスタイル情報をお届けいたします。

風邪やインフル予防に◎紅茶を愛する国イギリスで知った”紅茶うがい”がすごい!

こんにちは、自然療法スペシャリスト 石綿めぐみ です。

空気が乾燥したり気温が下がる季節は体調も崩れやすいもの・・・

風邪やインフルエンザ予防対策としてよく”うがい・手洗い”をしましょう!といわれていますが

ちゃんとうがい手洗いをこまめにしてるのに、それでものどがイガイガしたり痛くなることありませんか?

わたしがおすすめする感染予防ものどが痛い時にも簡単で安心なのどケア方法・・・

紅茶を愛する国イギリスで知った「紅茶うがい」 をご紹介します!

東洋の万能薬と呼ばれていた「紅茶」は飲むだけじゃもったいない!?

今や紅茶といえばイギリス。イギリス人の生活に欠かせない飲み物となっていますが、はじめてポルトガルからイギリスに紅茶が伝わったのは16世紀。

その頃は紅茶は嗜好品ではなく「東洋の万能薬」として扱われていた歴史があります。

しかもエビデンス もしっかりあり、何百年も前から伝わる自然療法だったのです。

わたしも以前イギリス人の同僚らが飲んでいた紅茶をそのまま持って洗面台に行くのをみて、はじめは”?”と驚きましたが、親子代々伝わっているのどケア健康法だと紅茶の成分パワーについて聞いて納得。

紅茶にはテアフラビン類という成分が含まれ、その成分はノロウィルスを消毒する作用があることや、殺菌力が強いのでインフルエンザなどのウィルス感染の予防に役立つことが報告されています。

紅茶うがいは、ガラガラ〜とのどの奥でうがいをするようにしてペッと吐き出す方法。

目安はティーカップ1杯の紅茶を、5~10倍に薄めた濃度でうがいをすること。

(口に含みマウスウォッシュのようにするのは×)

なかなかうがいができない時におすすめなのが、飲みうがい!

数分毎に一口でも紅茶を飲むことを繰り返すだけの簡単な方法で、紅茶がのどや食道を通る過程で付着している細菌やウィルス菌が胃へ洗い流されます。

(胃へ流れ落ちた細菌やウィルス菌はほとんどが胃酸により死んでしまいます)

※ちなみに紅茶は出がらしでもOKですが、ミルクや砂糖を紅茶に入れるのはNG!

わたしは飲みうがい用でもうがい用でも両方に良いようにオーガニック紅茶にレモンやハチミツを入れるのがお気に入りです^^

レモンには免疫力UPと抗炎症に◎なビタミンCが、ハチミツには抗菌作用があるのでダブルでおすすめ。

予防のはずが逆効果?うがい薬やのどスプレーで体調を崩しやすくなる><

殺菌作用のある一般的なうがい薬やのどスプレーの多くは、ヨウ素(ポピヨンヨード)を含んでいます。

うがい薬やのどスプレーも傷薬(消毒液)として販売されているヨード液と同じ成分であり、濃度の違いで濃いものが傷薬消毒液に、濃度が薄いものがうがい薬やのどスプレーになります。

ヨウ素は、甲状腺ホルモンへ影響するもので過剰摂取すると甲状腺機能を低下させてしまう危険性もあるので使用する際は体内に吸収されるので頻度や量に注意が必要です。通常15~30倍に薄めて使用するうがい薬ですが、濃度を濃くしたり原液のまま使用することは絶対に避けましょう。特に甲状腺疾患をお持ちの方の使用については、使用前にかかりつけ医や薬剤師へ相談しましょう。

ヨード液のうがい薬やのどスプレーは、のどのバリア的な役割をしてくれている常在菌(常在する良い細菌)も一緒に殺菌してしまうことで逆にバリアがなくなったのどへの細菌やウィルス菌の侵入をしやすい状態になったり、のどの正常細胞や粘膜を傷つけてしまう”逆効果”になる可能性もあります。

安全でかつ効果的な東洋ーイギリスに伝わる自然療法「紅茶うがい&飲みうがい」もオーガニック紅茶で日々をちょっと優雅に美味しく♡楽しみながら風邪やインフルエンザ予防&のどケアとして是非お試しください^^

自然療法スペシャリスト
石綿めぐみ

追加
石綿 めぐみ

石綿 めぐみ自然療法スペシャリスト

投稿者の過去記事

自らのストレスで体調を崩した経験から、心と体の関係性に興味を持ち真の健康とは何かを求めて20代で渡英。
心と体の両方のケアができる代替医療が進んでいるロンドンでホメオパシー療法、フラワーエッセンス療法、色彩療法オーラ・ソーマなどを本格的に学び修得。
7年間ロンドンで王室御用達ホメオパシー薬局にホメオパス/フラワーエッセンス調合士として活躍。
現在も海外を拠点とし日本をはじめ世界各国にクライアントを持つ。

健康を維持するのも取り戻すにも大切なのは心と体に優しい”オーガニックライフ”であると考え、オーガニックをごく自然に取り入れている海外のライフスタイルや、簡単に実践できる暮らしの中の自然療法術を伝えたいと活動をしている。

人気記事

ピックアップ記事

  1. ベビーの安心お風呂タイム♪スキンケアはウルテクラム
    こんにちは。管理栄養士の柴田真希です。赤ちゃんのお肌はデリケート・・・。…
  2. 小さな子ども連れの旅行に持って行きたいランドリーグッズ(部分洗い用洗剤)
    LTLメンバーで管理栄養士・アウトドア料理研究家の芳須思帆です。ようやく日中の暑さが落ち…
  3. 秋のくすみ肌対策に!サンフードのマキベリーパウダー
    こんにちは、モデル・フードコーディネーターの川島令美です。9月も中旬となり、暑い日もあるかと…
  4. 子どもの創造力をぐんぐん成長させる粘土 STOCKMAR(シュトックマー)みつろう粘土
    こんにちは!オーガニックコスメレビュアーのおざわめぐみです私には娘が一人いるのですが、どんなこと…
  5. 浴衣をおうちで洗う ~肌にも自然にも優しいオーガニック洗剤~
    みなさま、猛暑やら大雨やら記録づくしの平成最後の夏ももう終わり・・・。今年の夏も花火大会に盆踊り…
  6. カラっと晴れた「夏掃除」のススメ!sonett(ソネット)ナチュラルクリーナー&ナチュラルブリーチですっきり解決!!
    こんにちは!オーガニックコスメレビュアーのおざわめぐみです関東近郊は梅雨明けが本日発表されて…
  7. 赤ちゃんOK!アロエベラエキスで優しく洗い上げる洗浄剤!【ウルテクラム ベビーウォッシュ】
    こんにちは*^^*オーガニックコスメレビュアーのおざわめぐみです最近気温もぐっと上がり、汗ば…
  8. チョコ味で満足朝食♪サンフードのオーガニックチョコスムージーMIX
    オーガリーおすすめアイテム販売企画、「オーガニックを、ベーシックに」が2018年6月…
  9. 日焼け止めは正しく選ばないと、逆にシミシワできちゃうよ!親子でも使える日焼け止め3種を実際に試してみました。
    こんにちは〜!不動産投資家の佐野亜衣子です。毎日ポカポカ気持ち良いですよね〜芝生でアーシ…
  10. 子供の創造力を育てる 口に入っても安心なクレヨン
    こんにちは。モデル・フードコーディネーターの川島令美です。我が息子も今月で1歳と4ヶ…

アーカイブ

おすすめ商品

ページトップへページトップへ